賃貸の壁掛け注意点

賃貸で壁掛けする際の注意点

賃貸物件壁掛け注意点

賃貸は大家さんから家を借りているので、基本的に部屋はきれいに使わなければなりません、時計やカレンダーを壁掛けする時には画びょうで穴をあけないようにしないといけないなど注意点があります。賃貸はいずれ引っ越していなくなり、また次の入居者の方が住むので、現状維持が大切です。敷金は入居する時に払いますが、壁掛けなどで家を破損させてしまうとそこから引かれてしまいますが、もし何も迷惑をかけなかった場合はそのまま戻ってきます。なので、大家さんから注意点をしっかり聞き、それを住んでいる間は守ることがお互いにとって好都合です。

壁掛けには注意が必要です。

賃貸に住む場合、賃貸契約書の内容を必ず確認しておく必要があります。住んでいる間に借主が壊したものや、普段の生活ではつかないような汚れが生じた場合は、借主に現状回復義務があるため、修繕費用などを請求される場合があります。特に問題となってくるのが壁についている穴やくぎあとです。壁掛け式の時計をかけたい場合などは、前もって大家さんや管理会社などに釘をさしていいのか?と確認しておく必要があります。また、入居前には必ず大家さんの立ち会いのもとで、大きな傷や汚れがないかの確認をしておくことをおすすめします。

↑PAGE TOP

Copyright © 賃貸で壁掛けする際の注意点 All rights reserved